うつ病になりやすい方は、予防をしっかりしよう

周囲の理解も必要

うつ病の治療方法について

うつ病の人というのは、働きすぎなどで脳が疲れた状態、脳に負担がかかりすぎている状態にあります。そのため、十分な休養をとることが治療の基本となります。それと並行して、薬による治療を行ないます。 うつ病になる人というのは、責任感が強い人やまじめな人が多いです。そのため、こういった人は脳が疲れていてもゆっくり休養をとることに抵抗があり、さらにがんばってしまうのでうつ病がよけいに悪化してしまいます。 うつ病ではないかと疑う症状がでたら、すぐに精神科やクリニックで診断してもらい、医師のアドバイスに従って薬物治療や十分な休養をとることが大切です。 うつ病の症状としては、やる気がでない・意欲の低下・死にたいと思う・食欲がでない・ずっと気分が沈んでいる、などがあります。

周りの人の接し方・注意点

うつ病の人は、症状自体も辛いですが、周りに理解してもらえないというのも辛さの原因です。周りの人は、うつ病について理解し、正しい接し方をすることで治療を早めることにつながります。 うつ病の人と接するときは、相手の話をよく聞き、理解と共感を示してあげることが必要です。「私はあなたの味方です」、「あなたに関心があります」といったようなことを伝えることも大切です。こういった温かい態度で接し続けるためには、相手が抱える問題に巻き込まれてしまわないように強い心をもつことが大切です。 逆に、「頑張れ」とか、「早くよくなって」ということばは普通の人には励ましになりますが、うつ病の人に対しては禁句です。叱咤激励の言葉は、うつ病の人を追い詰めるだけの結果になることもありますので注意が必要です。